今日も一日一善

日常のふとした悩みを解決するサイトです。

季節の悩み

ゴキブリの対策で赤ちゃんにも安全なのは?天然のものや手作りのものも紹介!

投稿日:

夏になると、ゴキブリが出てくる時期になりますよね……。

一番手っ取り早いのは殺虫剤で殺してしまう方法ですが、赤ちゃんがいるとなると話は別です。

なるべく安全に、でも確実に駆除したいですよね。

そこで今回は、そんな赤ちゃんがいる家庭での安全なゴキブリ対策についてお話ししていきたいと思います。

スポンサーリンク

ゴキブリの対策で赤ちゃんにも安全なのは?

ゴキブリの対策グッズはいろいろありますが、そのほとんどが殺虫剤を使った商品です。

確かにゴキブリを殺すために作られた殺虫剤は、ゴキブリに対して効果抜群です。

ですが、そういった化学物質は人間にも少しは影響があるもの。

しかもそれが身体の小さい赤ちゃんだったら、殺虫剤がどれだけ悪影響があるのか未知数ですよね。

そう考えると、効果抜群だからといって、簡単に殺虫剤を使うわけにもいきません。

赤ちゃんがいても、安心して安全に使えるゴキブリ対策グッズはないのでしょうか?

一番確実なのは、ブラックキャップのような毒エサです。


アース製薬ブラックキャップ 18個 【医薬部外品】[ガーデニング/キッチン/物置/風呂場/ゴキブリ/全滅/忌避剤/虫除け/殺虫剤/退治/殺虫/駆除]


アース製薬ブラックキャップ 屋外用 8個 【医薬部外品】[ガーデニング/キッチン/物置/風呂場/ゴキブリ/全滅/忌避剤/虫除け/殺虫剤/退治/殺虫/駆除]

毒エサはプラスチックのカバーの中に入っているので、赤ちゃんが間違って食べてしまう心配がありませんし、毒素が空気中に拡散したりはしませんので、赤ちゃんがいても安心して使うことができます。

しかも、このタイプはゴキブリの成虫だけでなく、巣にいる小さいゴキブリや、卵にも効果があるため、一番効果的なゴキブリ駆除ができます。

ただし毒エサタイプにも弱点があります。

それは即効性がないことです。

つまり、ある日、廊下でゴキブリを見つけた!となったときに、その場では対処できないのです。

それは困りますよね。

殺虫スプレーならこんなときもすぐに対処できるのに……。

実は、殺虫剤を使わないのに即効性があるアイテムがあるのです。

それは意外なものかもしれませんが、洗剤の泡スプレーです。


花王キュキュット クリア泡スプレー オレンジの香り 本体 300ML[食器洗剤/キッチン/清潔/除菌/洗浄/殺菌/消毒/料理/衛生/手荒れ/安心/油汚れ/手にやさしい]

スポンサーリンク

というのも、ゴキブリの体の表面は油で覆われているのですが、泡スプレーをかけると、洗剤に含まれる界面活性剤が油を分解し、ゴキブリの気管に洗剤が入り込むことで窒息死させるのです。

液体洗剤でも同じことができるのですが、泡スプレータイプのほうが素早いゴキブリに狙いを定めやすく、また泡自体の閉じ込め効果もあるのでより効果的なのです。

というわけで、「即効性の泡スプレー&遅効性のブラックキャップ」、この組み合わせが安全かつ最強の組み合わせです。

ゴキブリの対策で天然のものはある?

ゴキブリの対策で天然(オーガニック)のものってあるのでしょうか?

できればそれも知っておきたいところですよね。

実は、ゴキブリにはある種のアロマオイルが効くことが分かっています。

それは、

・ペパーミント
・ニホンハッカ
・クローブ
・レモングラス
・シトロネラ

……といった精油です。

これらの精油は、ゴキブリが嫌がる匂いを放つため、ゴキブリ避けになります。

ただし、安物のアロマオイルの中には、実は植物から取った油ではなく、石油を加工して匂いだけつけたもの……といった偽物もありますので、ちゃんとしたアロマオイル専門店で買うのがベストです。

ちなみに、ここで紹介したレモングラスは蚊の対策にもなります。

夏場はゴキブリだけでなく蚊の悩みも尽きないと思いますので、こちらの記事も参考にしてみてください。

参考記事 ⇒ 蚊の対策で赤ちゃんにも安全な方法!室内で使えるオーガニックも紹介

ゴキブリの対策で手作りのものはある?

最後に、ゴキブリ対策の中で手作りのものについて紹介しますね。

ゴキブリ対策として、手作りホウ酸団子をオススメしている人は多いです。

自分で作った方が安いし、材料に何が入っているか分かるから安心……と思っている人が多いからですが……。

個人的な考えとしては、私はこの手作りホウ酸団子はオススメしません。

その理由としては、まず何よりも赤ちゃんが誤飲する可能性があることです。

手作りのホウ酸団子は、設置するときに床にそのまま置きますよね。

でもそれだと、赤ちゃんが間違って口に入れてしまう可能性大です。

ホウ酸団子はもちろん人間にも有毒ですから、これは危なすぎます。

一方で市販のブラックキャップは、中身はホウ酸団子のようなものですが、ちゃんと口に入れないようにプラスチックでカバーされています。

そのカバーの大きさも、赤ちゃんが口に入れるには大きいくらいのサイズ感になっています。

また、効き目に関しても、手作りのものよりも市販のもののほうが効果が期待できます。

他にも手作りの悪い点として、効果にばらつきが出る可能性があります。

例えばホウ酸を入れる量が少なかったとします。

そうすると、エサでゴキブリをおびき寄せるだけおびき寄せて、ホウ酸の量が少なくて仕留めそこなったとしたら、ゴキブリにエサをやっただけになってしまいますよね。

そうなってしまうと逆効果ですので、やっぱり市販のブラックキャップが最強だと思います。

まとめ

日本人はほぼみんながゴキブリが嫌いです。

そのため、ゴキブリ対策グッズは本当にたくさんあるのですが、赤ちゃんがいても安心して使えるものとなると、その数はあまり多くありません。

今回紹介したブラックキャップと泡スプレー、アロマオイルなどは、赤ちゃんがいても安心して使える数少ないゴキブリ対策グッズです。

明日から安心して過ごせるように、これらのアイテムは確保しておきましょう。

今年の夏はゴキブリ知らずの夏にしていきましょうね!

スポンサーリンク

-季節の悩み
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

一人暮らしの大掃除の順番はどこから?コツや簡単な方法も紹介!

年末といえば大掃除。 ですが、一人暮らしの大掃除って、何をどれくらいやればいいのか分からないですよね。 スポンサーリンク そこで今回は、一人暮らしの大掃除の順番や、モチベーションを維持するためのコツな …

初任給のプレゼントは両親に何をあげる?相場やタイミングは?

春から就職した皆さん。就職おめでとうございます。 1か月間慣れないこと続きで大変だったかと思いますが、その頑張りの見返りとして初任給を手にしたかと思います。 スポンサーリンク この初任給で両親に今まで …

内定の保留期間は新卒だと?返事のメールは?取り消されることある?

大学生のみなさん、就活は進んでいますか? 中にはもう第一志望ではないものの、最終面接を終えて手応えを感じているという人もいるのではないでしょうか。 しかし、人生で一度の新卒なのですから、第一志望の結果 …

蛍の時期は東京だといつ?公園などで野生で飛んでるのを見られる?

「夏は蛍の時期らしい!」と聞きますよね。 ……「らしい」というのは、近年本物の蛍を見たことがないという人が増えているためです。 スポンサーリンク 特に、東京生まれ東京育ちだったりすると、人生で蛍を一度 …

就活で時計は金属アレルギーでも必須?おすすめや対策についても紹介

就活本番のシーズンが近づいてきました。 就活では普段意識しないマナーやしきたりを気にする機会が増えますよね。 その中でも納得できない人はとことん納得できないルール、それは「面接には時計をしていかなけれ …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。