今日も一日一善

日常のふとした悩みを解決するサイトです。

年間行事

月のうさぎの模様が見えない!見方は?童話はどんなもの?

投稿日:

秋はお月見の季節です。

お月様では、うさぎが餅つきをしている……とはよく言いますよね。

ですが、実際に月を見上げても、うさぎには見えないと思ったことはありませんか?

そこで今回は、月のうさぎ模様がどこにあるのかを説明していきたいと思います。

スポンサーリンク

月のうさぎの模様が見えない?

月のうさぎの模様、前知識がないとどこがうさぎなのかまったく分かりませんよね。

私も小さい頃、どこがうさぎなのか全然分からなくて、むしろ違う動物の影に見えたものです。

なぜうさぎに見えないかというと、実は真夜中に月を見上げても、うさぎ模様は横を向いてしまっているからなんですね。

ちなみに夜の月はこのような姿になっているはずです。

このままではうさぎの姿はなかなか見えません。

うさぎが上を向いている姿を見たければ、日没後すぐの東の空を見上げてみましょう。

月が昇り始めた直後はうさぎは上を向いていて、だんだんと横を向いていき、月が沈む頃には逆さまになっているのです。

月のうさぎの見方は?

うさぎの模様を見やすい時間帯を説明したところで、実際にうさぎがどのように見えるのかを説明しましょう。

先ほどの画像を左に90度回転させた画像で説明していきましょう。

スポンサーリンク

この画像の通り、うさぎが餅をついているように見えるはずです。

「餅つき」部分はピンとこないかもしれませんが、うさぎの耳は実際に月を見てもよくわかるかと思います。

このうさぎの模様の形と、後は時間帯によってうさぎの向きが変わることを頭に入れておくと、実際の月を見たときもうさぎの模様が分かるでしょう。

月のうさぎの童話はどんなもの?

ちなみに、月にうさぎがいるという伝説の元となった童話というか、エピソードがあります。

それは仏教に古くから伝わるお話が大元となっています。

どういうお話かというと……

サル、キツネ、ウサギの3匹が、山の中で倒れている老人に出会いました。

3匹はその老人を助けようと、山の中から食料を探しに行きました。

サルは木の実を集め、キツネは川で魚を捕ってきましたが、ウサギは何も持ってくることができませんでした。

それでもなんとか老人を助けようと思ったウサギは、サルとキツネに火を焚いてもらい、火の中に飛び込んで自らを食料にしてもらおうとしました。

ところが、実はその老人は神様で、火の中に飛び込んだウサギを救い出し、その捨て身の行為を後世に伝えるために、ウサギを月へと昇らせたのです。

……というお話です。

ちょっと子どもには刺激が強いかもしれませんね……。

「自分の身を犠牲にして、山の中で倒れている神様を助けようとしたうさぎに感謝して月に昇らせたんだよ」

といったようにマイルドにして伝えたほうがいいかもしれませんね。

まとめ

月のうさぎ模様の見方や、そもそも月にうさぎがいる理由について、分かっていただけたでしょうか?

お月見はお団子を食べるのもいいですが、メインはやっぱりお月様を見ることです。

じっくりお月様を眺めて、いろいろと思いを馳せてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

-年間行事
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

子供が爆竹の音を怖がる!お祭りで使える対処法で自然なものを紹介!

お祭りのときって、子供たちが爆竹で遊んだりしますよね。 私も子供のときは、家の外でパンパン音が鳴り始めると、「今年もお祭りが始まったな~」って感じでした。 スポンサーリンク ですが、爆竹のような大きな …

お盆の迎え火や送り火はマンションでは?由来は?しないと問題ある?

お盆になると、いろいろと準備することややることがありますよね。 その中でも、ちょっと面倒くさいのが迎え火、送り火の準備。 スポンサーリンク 何が面倒かというと、マンションで火を焚くのって、明らかに周り …

節分で豆を年の数以上に食べてもいい?食べ過ぎると何か問題はある?

節分と言えば豆まきですよね。 「鬼は外、福は内」で豆をまいた後、年齢の数だけ豆を食べます。 大人になると、そんな30個も40個も食べられない……と思ってしまいますが、逆に子供は「もっと食べたい!」とい …

父の日のプレゼント高校生のおすすめは?予算や渡し方は?

6月の第3日曜日は父の日ですね。 中学生のときは反抗期で父親にプレゼントなんてあり得ない!と思っていたあなたも、高校生になってしばらくするとなぜあんなに父親を毛嫌いしてたのか分からなくなったりしますよ …

父の日は赤ちゃんから初めての贈り物を!手作りや他のプレゼントについて紹介

6月は父の日がありますね。 今年お子さんを出産された方、おめでとうございます。 今年の父の日は、旦那さんが「父親」となって初めての父の日になりますね。 スポンサーリンク そんな旦那さんに、日ごろの感謝 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。